つつじの名所「等覚院」

神奈川県川崎市にある等覚院(トウガクイン)は神奈川花の名所100選にも名を連ねるつつじの名所です。今回はコロナの影響で来訪者は少ないながらも見事なつつじと新緑で身も心もリフレッシュして参りました。

川崎市にある等覚院

宗派は天台宗ですが、詳しくないので割愛します、、。ただ、住職はとても熱心なお人で無料の会報誌や女坂入口の参道脇には月2回にわたりお言葉を掲載していました。

坐禅会は子ども坐禅会もあるようで定期的に実施されているそうです。

色とりどりのつつじ

つつじの季節に於いては例年混雑が予想されるのでホームページには自動車での来訪者を遠慮するよう促していました。

また、駐車場は近くにコインパーキングがありました。

コロナに負けるなってことなのかな?

また等覚院は喘息や癌にご利益があるらしく、等覚院のホームページでは特集もありました。

コロナにご利益もありそうです。

つつじは綺麗に開花して見応えがありました!

湧き水を発見!

たまには外の空気に触れてリフレッシュすることも大切だと思いました。

新型コロナウイルスの影響で今回はつつじの鑑賞(さんぽ)をして終えました。

ほんとに人影は少なく自粛ムードでした。

次回訪問時に本堂をアップしたいと思います、、、。

等覚院には御神木や神木観音堂があり、まだまだ伝えたい魅力があります。

新型コロナウイルスが終息した際はリベンジしたいと思います!

神木観音堂は一般も修行できるそうです!御開帳に合わせて来訪できたらいいな。

御朱印貰うことまた忘れたー。

金沢兼六園・金沢城

石川県金沢市にある日本庭園で有名な兼六園に行ってきました。

訪れたのは、夏の暑い日で、直射日光がじりじりと首筋を焼く晴天でした。これは傘必須ですね。もちろん日傘など持っていないので、汗だくになりながらかき氷をおいしく頂きました。

金沢には「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があり、雨が多い気候らしい。

その為か兼六園内にある茶室の名前も時雨亭…。美味しいお茶と和菓子が頂けます。

根上松……株が「値上がるのを待つ」……。

日本最古の噴水や鳥が寄りつかない日本武尊像などを鑑賞することができる。

今回は足を運ばなかったが、園内に併設している成巽閣は群青の間が有名ですね。

暑いので名所をおさえて、兼六園のお隣にある金沢城に移動。

最近のお城は重機を使って建築するそうな…。

金沢城は過去には金沢大学のキャンパスがあったり歴史あるお城ですね。

正面の城壁も敵を欺く有名な仕掛けがあったり、瓦の白さも有名です。

有名で見学できる施設もありますが、無料で見学できる施設があったり現在は二の丸も新しくなり夜にはライトアップされています。

また戦火に見舞われていないため、入り組んだ城下町を一望でき、金沢城と21世紀美術館も徒歩圏内なので、合わせて観光するとよいと思います。

「楽楽はんこ」自動販売機ではんこを作ってみた

とあるホームセンターで、「楽楽はんこ」なる装置が目に入ったので、ためしにハンコをつくってみました。このハンコメーカー、自分で書いた文字がハンコにできるというのです。

お値段はハンコの太さやハンコ自体の品質で変わり、500円からのお値段。四苦八苦しつつ、ハンコをデザインしてしばし待つ…。

はい、30分かかってできあがり。

まぁまぁよさそうやね。ハンコって枠に文字をくっつけたほうがそれっぽく見えるのね。次回作る機会があれば、そう作ってみよう。

永平寺

永平寺は福井県にある寺院で、2015年のゆく年くる年はこの場所から中継でした。背の高い木々に囲まれ、涼しかったです。予想以上に広大な敷地で、全部見て回るには半日以上かかりそうです。

ポケモンGOをやっている人も多く来るようで、訪れたのはポケモンGoが日本で公開されてから数日しか経っていないのに、しっかりと禁止事項が掲げられていました。

お寺の中は、修行僧とよくすれ違います。その為、決まりごとがいくつかあり道は、左側通行・私語は厳禁などがありました。でもカメラは修行僧が見切れないようにすれば、基本どこを撮影しても問題ないらしい。なので、パシャパシャと記録していく。

ちなみに、永平寺の内覧ツアーというのがあるらしく(バスツアーの人限定かな?)、それに参加できれば、永平寺内を説明付きで回れるようです。

すごくお天気が良い。日向で居眠りしたらとても気持ちよさそう。

永平寺の目の前のお店の駐車場は、1,000円買えばタダになる。お土産を買う予定があるなら、都合がよいかもしれない。ただし、店先にぎっちり車を駐車させるので、車の出し入れが必要らしく、鍵を預けておく必要があるのが難点ですかね・・。

修行僧の志願をはじめ、一般の祈祷も受付しているようです。その他にも聴講も開講されていて、興味のある人はぜひ、調べてから参詣するとよいかも。

住所:福井県吉田郡永平寺町志比5-15
TEL:0776-63-3102
営業時間:8時30分~17時(季節により変更あり)
定休日:無休
料金:拝観500円(1泊2日の参籠、3泊4日の参禅は総受処へ要問合せ)
アクセス:
 公共交通:えちぜん鉄道永平寺口駅→京福バス永平寺行きで15分、終点下車、徒歩5分
 車:北陸道福井北IC・JCTから6km10分
駐車場 なし/町営・民間有料駐車場を利用

東尋坊

福井県の名勝といえば東尋坊。

刑事モノドラマの最終シーンといえば、やっぱり東尋坊。

夕日の沈む時間帯が雰囲気いいよね。

地方の観光地は、結構必死なのかもしれないと思わせる一品モノ販売中。

空き物件もあるよ。別荘にどうですかね。

訪れた時間が遅かったので、お店が閉まっていたけど、今度来るときは日中きてまったり楽しみたいと思う場所でした。

未だに巡回してるパトカーや公衆ボックスなどあって、リアルな場所だなーと…。
東尋坊周辺には、ワンダーランドという遊園地があるのだがそれはまた次の機会に。

名称:東尋坊(トウジンボウ)
所在地:〒913-0064 福井県坂井市三国町
交通アクセス:えちぜん鉄道 三国駅からバスで15分
ホームページ:http://kanko-sakai.com/