「こんがら」「せいたか」の二童子〜浪切不動院〜

浪切不動院

浪切不動院は、海の守り神として信仰を集めており、本堂は朱塗の懸崖造となっている。

正式には、不動院長勝寺本堂といい、本尊の不動明王像はかの行基菩薩が造作したとされています。石塚山の中腹に建っていて、かつては本堂の真下まで海があり、波を切る巌のうえに建てられたことから名がついたお寺です。

正面

また、真言宗智山派の寺院で、山号は成東山です。元々の下横地村(現在の山武市下横地)にあった円頓寺の末寺で、標高30mの石塚山(石塚の森)の中腹の岩石上に本堂がある。石積みの基壇の上に26本の柱によって支えられている。

天平3年(731年)行基が東国巡錫の折、不動明王の尊像を刻み海難除けを祈願し開基したとされる。

平安時代の初め弘法大師が関東教化の折、現在の場所に移し建立して民衆救護のため大護摩を催し民福増進の秘法を行ったとされる。

本堂の創建年代について明確な記録は無いが、改修に当たって発見された棟札に元和4年(1618年)と記されていたと伝えられており、現在の本堂の建立時期は少なくとも江戸時代初期にまで遡ると考えられる。

その後何度か本堂の改修が行われ、明治以降も明治45年(1912年)と昭和30年(1955年)に改修が行われている。昭和49年(1974年)には基礎石積工事が完成し、懸崖造りの維持保存がされている。

本堂には、不動明王と「こんがら」「せいたか」の二童子が安置され、浪切不動院と呼ばれている。

現在は海岸が後退したため海上からは見えないが、遭難しそうになった船が常夜灯の灯りによって救われたという逸話も残されている。

なお本寺の円頓寺は大同4年(809年)に橘諸兄の末孫日和大膳太夫景吉が建立したとされる古刹であるが、一旦廃絶し建治3年(1277年)に再興され、天和年間(1681年-1684年)には荻生徂徠が朱子学の基本書ともいえる「四書大全」を学んだところと言われる。しかし明治維新で再び廃絶し現在は公民館になっている。

数少ない江戸期の木造建築物である。


基本情報

所在地〒289-1326 千葉県山武市成東2551MAP交通アクセス(1)成東駅から徒歩で9分

名称浪切不動院(ナミキリフドウイン)駐車場無料
情報

創建年代 :奈良
お問い合わせ

0475-80-1451