季節の風情が楽しめる嵐山エリア

京都の観光スポット、嵐山エリアに行ってきました。話題の竹林や定番の渡月橋、足を伸ばしてトロッコ列車を紹介します。

嵐山の代表スポット渡月橋である。

平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったと云われている。橋の長さは155mある。2001年3月にリニューアルされています。

嵐山に来たらハズせない綺麗になった看板風景となっています。

桂川に沿って渓谷を上っていく「嵯峨野トロッコ列車(正式名称:嵯峨野観光鉄道)」。JR嵯峨野線・嵯峨嵐山駅からすぐ隣にあるトロッコ嵯峨駅から、上流のトロッコ亀岡駅までを結ぶ観光列車で、四季折々の渓谷の彩りをトロッコに揺られながら観覧できるとあって人気です!

歩き疲れたら乗る!これに尽きます!!

渡月橋の北側、嵯峨野に広がる竹林です。
数万本の竹が生い茂る一帯には、竹林を縫うように小径が張り巡らされており、のんびりと歩けば平安時代の趣を肌で感じることができ、夏場はサラサラと音を立ててゆれる竹たちの風の演奏で涼を感じらる風情のあるスポットです。

嵯峨野の竹林に佇む「野宮神社」は源氏物語の謡曲『野宮』にも登場する歴史深い神社で御祭神は「縁結びの神様」「子宝安産の神様」として有名です。
竹林の散策コースのルート上にあるので立ち寄ってみてはいかがですか。


◆基本情報◆

アクセス

京福電鉄・嵐山駅

嵯峨野観光鉄道・トロッコ嵐山駅

阪急嵐山線・嵐山駅

JR線・嵯峨嵐山駅