安倍文殊院 〜三人寄れば文殊の知恵〜

安倍文殊院 表山門
安倍文殊院 表山門

「安倍山崇敬寺文殊院」は、645年、大化改新の時の左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)により建立されました。

表山門から本堂への石燈

安倍一族の発祥の地であり、奈良時代の遣唐使・安倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・安倍晴明が出生した寺院としても知られています。

もしかして、あの安倍さんも?

金閣浮御堂

昭和60年に総金色仕上げの金閣浮御堂が完成し、堂内には、ご本尊に開運弁才天、厄除け守護の九曜星の神々、方位災難除けの十二天御尊軸が安置されています。

電子マネーが使える!?

以前から気になっていたのが、この電子マネーの決済。大化改新からだいぶ時が経ちましたが当時の人たちにしてみれば「???」な感じでしょうか。

お寺といえば、カルロスゴーン、と鐘をつきます。

本堂

寛文5年(1665)に建立。入母屋造りの本瓦葺に加え礼堂が附設し、本堂奥の大収蔵庫には文殊菩薩を安置しています。

お正月に訪れましたが、出店もなく混雑していませんでした。
受験シーズンには「合格門」、夏の終わりには「コスモスの迷路」など、見所があるようですので、ぜひ、行ってみてください。

施設名:寺安倍文殊院
所在地:〒633-0054 桜井市阿部645
TEL:0744-43-0002
URL:http://www.abemonjuin.or.jp/
宗派:華厳宗
拝観時間:09:00~17:00 休日 年中無休
拝観料:大人(中学生以上) 700円、小学生 500円 菓子・抹茶付き