日本で3番目に大きい??〜東京大仏〜

東武東上線成増駅もしくは下赤塚駅から歩いて15分ほどいくと駅前の雑踏からは程遠いのんびりとした住宅街にたどり着きます。坂道に無造作に掲げられた「東京大仏」という手づくりの看板が目印です。
この辺りは戦国時代の頃、関東を支配していた北条氏の有力な家臣である千葉氏が治めていました。東京大仏が鎮座する乗蓮寺の辺りはちょうど、千葉氏の居城・赤塚城があったので現在もその城跡は東京都立赤塚公園の一部として残っています。お城らしい遺構は残ってなくて残念ですが、都内でも珍しい自然豊かな場所でおじさんぽにはぴったりです。

お寺の山門へと続く石段を上がる前に右手側に閻魔堂が見えるはず。大仏を参拝する前にぜひ、この閻魔堂にお参りをしましょう。ガラスを隔てた先には木像彩色の閻魔像が恐ろしい形相で参拝者を迎えてくれます。閻魔像は板橋区仲宿にある文殊院の閻魔像と合わせて「板橋二大閻魔」と呼ばれ近隣の人々から厚い信仰を受けています。
また、その左には同じように彩色の施された奪衣婆の像があります。奪衣婆は本来は三途の川で亡者の衣服をはぎ取る鬼でしたが、江戸時代になってから民間信仰の対象となって各地に奪衣婆を祀るお堂などが建立されました。

乗蓮寺は山号を赤塚山といい、起源は応永年間(1394年~1428年)に遡ると言われています。

壮麗な山門の両脇では筋骨逞しい金剛力士像が参詣者を見下ろします。その背面には四天王のなかの二尊、多聞天尊像、広目天尊像もあります。

境内に入って圧倒的存在感を誇るのがこの、漆黒に輝く青銅製の大仏です。そもそも大仏と名乗れる大きさは一般的に丈六。つまり一丈六尺=4メートル80センチメートル。像高8.2メートルの東京大仏はまさしく「大仏」と言えます。奈良東大寺の大仏が像高14.98メートル、鎌倉高徳院の大仏が像高11.3メートルで、東京大仏が「日本で3番目の大仏」というわけです。

また、東京大仏は光背がないので後ろからもその立派なお背中を拝観できます。

東京大仏は、昭和49年に当時の住職が88歳の時に発願して約3年の歳月をかけておよそ3500人の手によって昭和52年4月に完成したそうです。東京大仏には赤塚城の戦死者や江戸時代に飢饉で命を落とした人々の霊だけでなく、太平洋戦争での戦災者の霊も弔われており、世界平和・万民救済という多くの人々の思いが込められているそうです。

割と新しい大仏様というのが意外でした。


◆基本情報◆

所在地

〒175-0092

東京都板橋区赤塚5-28-3

交通アクセス

(1)東武東上線下赤塚駅から徒歩で15分

創建年代 :応永年間