日本刀の美に触れるin刀剣博物館

刀剣博物館

刀剣博物館は日本刀を保存・公開し、 日本刀文化の普及のため、日本美術刀剣保存協会の付属施設として昭和43年に開館した。

日本刀は古来武器という性質以外に、信仰の対象や権威の象徴としての側面をもち、また美術品として鑑賞の対象でもありました。廃刀令後本来の日本刀の役割を終え、更に第二次世界大戦後、日本刀は武器と見なされ駐留軍による没収の的となり壊滅の危機に瀕しました。しかしながら本間順治、佐藤貫一氏等の活動により戦後の混乱を脱し、両氏を中心として昭和23年に美術工芸品としての日本刀の保存・鑑賞・研究・伝統継承のため日本美術刀剣保存協会が設立された。

日本刀は武器が美術工芸品にまで昇華されたといわれる文化財で、千年を越えて大切に保存され、歴史的・文化的にもその果たした役割が大きいと言えます。製作当時の姿を伝え、燦然と輝いている日本刀は、国内のみならず海外からも非常に高い関心が寄せられています。
館内では刀剣類、刀装、刀装具、甲胃、 金工資料、古伝書等を多数所蔵し、その中には国宝の太刀 銘 延吉や国行 (来)、国行(当麻)、重要文化財 太刀 銘 信房、重要美術品 太刀 銘 真景など、国の指定・認定物件も数多く展示されています。

庭園

博物館は池泉回遊式の庭園が残る旧安田庭園の一角にあり、立地を活かして庭園散策や地域の展示空間、名所旧跡と連携する庭園博物館として計画されました。博物館はこれまで建っていた旧両国公会堂の佇まいを継承し、池に向かって張り出した円筒部とその両側の翼部から構成されている。また公会堂のドームに変わり、頂部にはヴォールト屋根が架けられ、高さを抑えて庭園との調和を図っている。
庭園との連続性の高い1階は、ミュージアムショップ、展示・情報ラウンジ、講堂やカフェなど、気軽に利用できるパブリックなスペースがあり、 庭園散策の休憩所や街歩きの拠点としても使える。2階には博物館の運営および日本刀の審査や展示の企画を行う管理、学芸の諸室を、そして最上階には日本刀の展示室と屋上庭園を配している。美術工芸品としての日本刀に加え、 大名屋敷の庭園とともに、日本古来の武家文化が感じられる。

周辺には、多くの美術館や博物館がある為、周辺施設利用のチケットを見せると割引される制度などもある。

また、展示品の説明は細かく映像による学習も出来る。(上映時間50分程度)


◆基本情報◆

刀剣博物館

所在地

〒130-0015

墨田区横網1-12-9

お問い合わせ

電話番号

03-6284-1000

ファックス番号

03-6284-1100

営業時間
9:30~17:00(最終入場:16:30)
※予告なく変更することがあります。
※店舗・施設にお問い合わせください。

休館日
月曜日
※展示入れ替え期間・整理期間の休業があります。
※祝日・休日にあたる場合は営業し、その翌日が休業日になります。
※大型連休・年末年始・お盆・夏休み・冬休み等の休業があります。
※店舗・施設にお問い合わせください。

アクセス

車で行く
首都高速6号 向島線駒形出口より5分
首都高速7号 小松川線錦糸町出口より15分

電車で行く
JR総武線「両国」駅西口より徒歩7分
都営地下鉄大江戸線「両国」駅A1出口より徒歩5分

バスで行く/
「旧安田庭園・同愛記念病院」より徒歩1分

駐車場

あり