日本初の世界文化遺産in法隆寺

法隆寺(逆光)のシルエット

法隆寺は、奈良県生駒郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳宗の総本山です。推古天皇15年(607)に聖徳太子が斑鳩宮のそばに建立したと伝えられ、天智天皇9年(670)焼失したが再建されたとみられています。

日向の回廊 世界最古の木像建造物

法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

 あいにくの工事中

学生時代に訪れているはずですが、全く記憶がないため、初めてきたワクワク感がたまりません。ですが工事中となると、萎えてしまいますね。

ちなみに、参拝のお値段が結構お高めです。次の記事の「夢殿」とセットで楽しんでください!

基本情報

拝観時間
2月22日-11月3日 8時~17時
11月4日-2月21日 8時~16時30分

拝観料
西院伽藍・大宝蔵院百済観音堂・東院伽藍共通
大人1500円、子供750円

サイト
http://horyuji.or.jp/

住所
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1