舞妓に出会える街in祇園(南側)

祇園町南側花見小路から望む路地の町並み

祇園は京都屈指の花街で、舞妓さんがいることでも有名です。八坂神社、円山公園、知恩院、青蓮院門跡、花見小路通などの観光スポットも点在していますが今回は、南側を訪ねてみました。

江戸時代、広く祇園と呼ばれていたのは、祇園廻り・祇園社(現八坂神社)境内・祇園村の三地区でした。そのうち祇園村とされる地域は祇園社西門前、四条通りを中軸とした鴨川以東の一帯です。
この地域は祇園社の西門前の門前町ちして、中世より市街化の進行がうかがえます。洛中よりの参詣道として四条大路が鴨川を渡って東に延びたことによるものです。

四条大橋の架橋は平安時代の久寿元年(1154)の「百錬抄」に「祗園橋供養」の記載があります。
ただし、中世の市街化の進展はそのまま、江戸時代に受け継がれたわけでなく、戦国時代の景観を写した洛中洛外図屏風などでは、この付近にはさしたる町並みがなかったようです。江戸初期にも、同じ鴨川の東でも、東海道に繋がる北の三条通り、伏見街道に至る五条通り周辺が洛外町続きとして開けていて、四条通り周辺の市街化は遅かったみたいです。
この四条周辺の市街化は、江戸時代の初期の鴨川改修工事によって両岸に堤防が築かれると、水茶屋などが並んだようで、まず四条通りに面して祇園町北側・同南側が町場となりました。その時期は「慶弘紀聞」に寛文6年(1666)のことのこっています。

寛文5年(1665)刊「京雀」には「四条河原いろいろ見物の芝居あり。その東は祇園町北南行ながら、茶やはたごやにて座しきには客の絶ゆる時なし」と祇園町の賑わいぶりを記載しています。更に寛永14年(1637)洛中洛外惣町数人家数改日記には、洛外町として「北祇園」「祇園村南側」の記載が見られます。
そのため寛文期は祇園町の再開発期で、三条通りから町並みが南下し、鴨川に沿って、弁財天町・常盤町・廿一軒町・中之町・川端町・宮川筋一町目の祇園外六町が形づくられました。それから正徳3年(1713)には祇園町北側の更に北に大規模な造成を行い、一帯を町場としました。そこに新しく七筋の道を通し、元吉町・橋本町・林下町・末吉町・清本町・富永町が開町して祇園内六町が出来、祇園新地の拡大がもたらされました。
すぐに人家が建ち並んだわけでなく、正徳4年(1714)の洛外町続町数小名家数改帳には「未家建揃不中、町数小名不相極候」となっていて、人家はまばらであったことが想像できます。
正徳4年(1714)洛外町続町数小名家数改帳では「祇園町北側」とあり、家数59軒、又「祇園町南側」とあり家数60軒とある。
幕府からの規制を受けながらも、公許された島原遊郭よりも、気楽に遊べる祇園が喜ばれ、歓楽街として発展しました。

明治維新の戦火や祇園の火災などにより、衰退する京都の救済策として、建仁寺の塔頭を整理して町地とし、祇園町南側の町並みが整備されました。
現在の祇園町南側は「祇園町南歴史的景観保全修景地区歴史的景観保全修景計画」により古い町並み景観が残るよう、いろんな規制を設けて保存に向かって努力されています。
同じ祇園でも、四条通りを挟んで北側はネオン瞬く歓楽街ですが、南側は弁柄格子に簾・暖簾の町並みで、木造2階建ての美しい町並みが続きます。

最近は、観光ブームで一力茶屋の赤壁の前まで賑やかです。


お茶屋の造りは切り妻、瓦葺きの本二階建て、一階は千本出格子に駒寄せ、二階は座敷で表に張り出し縁や格子手摺を付け年中すだれを掛けた町屋が並びます。

江戸時代には本二階は禁止されていましたが、お茶屋は許されていました。

そのため、祇園やお茶屋の多い街並みでは少し低めの二階建てが多く見られます。


◆基本情報◆

所在地

京都府京都市東山区

交通アクセス

京都市営バス  祇園バス停