陸奧國一之宮・鹽竈神社まとめ

ぶらり寺社巡りをして参りました〜

宮城県にある陸奧國一之宮・鹽竈神社一帯の寺社を紹介したいと思います。

正式名称を「志波彦神社・鹽竈神社」とし、鹽竈神社境内には、国の天然記念物に指定されている塩竈桜(シオガマザクラ)があり、毎年当地の報道で取り上げられ、塩竈みなと祭の際には、鹽竈神社が祭りの出発点となり、志波彦神社・鹽竈神社の神輿が塩竈市内を練り歩き、御座船を始め約100隻の船を従えて松島湾を巡幸する。

東北開拓の守護神であり、多くの初詣客が集まることでも知られている寺社であり、秋には大規模な菊花展が開催されている。

陸奥国一之宮として歴史を誇る神社であり、本殿が右宮、左宮とされており、さらに別宮があります。ご祭神は左宮が武甕槌神、右宮が経津主神、別宮が鹽土老翁神です。

前述にあるように見所満載でぶらり歩くには十分なスポットです。

寺社
寺社(正面)

また、狛犬が見どろになっておりちょっと変わった狛犬が迎えてくれます。

狛犬
訪れたシーズンの花(紫陽花)

◆基本情報◆

所在地

〒985-8510

宮城県塩竈市一森山1-1

問い合わせ
022-367-1611

開門時間:午前5:00~午後8:00

駐車場
境内の東側から北側にかけて参拝者専用の無料駐車場が4か所(第1・第2・第3・バス)

300台収容可能