千本鳥居で有名!?in 伏見稲荷大社

“お稲荷さん”と親しまれる伏見稲荷大社は、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮であり、その歴史は平安遷都よりも古く、和銅4年(711)の創建と伝わります。商売繁昌・家内安全のご利益があるとされ、一年を通してたくさんの参拝者で賑わっています。

境内を歩けば至るところで、稲荷大神のお使いである“キツネ”に出会います。楼門前には阿吽(あうん)の狛犬ならぬ“狛キツネ”が鎮座し、向かって右は「玉」、左は「鍵」をくわえています。他にも「巻物」や「稲穂」をくわえていたり、格好もさまざまです。

伏見稲荷大社の最大の見どころは、“千本鳥居”です。朱塗りの鳥居がズラリと連なる光景は、圧巻!! これは江戸時代以降に、願いごとが「通るように」または「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納する習慣が広まったことによるものだと云われている。1300年の歴史があります。

参拝者の思いがこもった鳥居は、いまでは境内全域に約1万基が並ぶといいます。

標高約233メートル、一周約4キロ、2時間ほど。ご利益のあるお社や見どころが随所にあり、“お山めぐり”を体験してこそ、伏見稲荷大社を知ることができます。有名な『枕草子』を記した清少納言も、参詣したという稲荷山なのです。


基本情報

所在地

〒612-0882

京都府京都市伏見区深草藪之内町68

交通アクセス

(1)JR奈良線稲荷駅から徒歩すぐで
(2)京阪電鉄京阪本線伏見稲荷駅から徒歩で5分
(3)市バス伏見稲荷大社前から徒歩で7分
終日参拝可能

お問い合わせ

075-641-7331

ホームページ

http://inari.jp/