子宝パワースポット〜笠森寺〜

笠森寺

千葉県長生郡にある「笠森観音」は、知る人ぞ知る千葉のパワースポット!

古くから「板東三十三観音札所」の第31番札所として、巡礼の霊場となっています。
千葉県の中ほどにありますが、笠森観音のご利益にあずかろうと全国各地から多くの方が参拝に来られます。

特に“子授けご利益”が有名で、お土産屋で売られている“黒招き猫”のご利益もすごいと話題!!

三本杉

坂東三十三観音の第31番札所「笠森寺」の創建は、延暦3(784)年。

平安時代の僧・天台宗の開祖である最澄上人が楠の霊木で「十一面観世音菩薩」を刻み、山上に安置・開基したと伝えられている名刹です。十一面観世音菩薩がご本尊であることから、「笠森観音」と親しまれています。

笠森観音に向かう道、笠森寺自然林(天然記念物)のなかを登っていく最中にあるのが、霊木“子授楠”です。 子授楠の手前には、名木“三本杉”があります。こちらの三本杉も見物です!3本の幹の下を見てみると、根がつながっているんですね!

名木 三本杉

子授楠には根の付近には、人が通れるほどの自然にできた穴があります。ちなみに、穴には梯子がかかっています。男性から穴をくぐり、次に女性がくぐると、子授のご利益があるといいます。

笠森寺

笠森観音は「午・丑」年のときにご開帳されます。ご開帳とは、仏教寺院で本尊をはじめとする仏像を安置する仏堂や厨子の扉を開いて拝観できることですが、笠森観音のご開帳の際には、観音堂に安置されている十一面観世音菩薩とつながることができます。

回向柱から“善の綱”が結ばれ、仏様の右の手まで繋がっています。回向柱や善の綱に触れたりすることは、仏様の功徳があると言われています。

また、ご本堂は日本唯一の「四方懸造」の建築様式。明治41年に国宝に指定され、昭和25年には国指定重要文化財となっています。

子授けご利益で有名な笠森観音ですが、六角堂には「子育て地蔵尊」も安置されています。六角堂の正面には、子どもを3人連れたお地蔵様がいらっしゃいます。

くろねこCafe

笠森寺の二天門をくぐり、左手側にあるのが、「縁起屋 古壺」です。こちらのお店は知る人ぞ知るお土産屋。すごいご利益があると評判の「開運 黒招き猫」が売られています。

また、境内には一服できるくろねこCafeもあります。笠森寺には長い階段があるので、疲れたら一休みするのもポイントです。


◆基本情報◆

所在地

〒297-0125

千葉県長生郡長南町笠森302

交通アクセス

(1)JR外房線・茂原駅から小湊バスで35分(「上総牛久駅」行き「笠森」バス停下車、徒歩5分)
(2)小湊鉄道・上総牛久駅から小湊バスで(「茂原駅」行き「笠森」バス停下車、徒歩5分)
(3)圏央道・茂原長南ICから車で7分
営業期間拝観時間:4月~9月 8:00~16:30 雨天は閉堂

拝観時間:10月~3月 8:00~16:00

情報

都道府県指定重要文化財

駐車場50台(無料)

創建年代 :784

ホームページ

http://kasamori-ji.or.jp/

くろねこCafe

https://officecoco.byshop.jp/