伊勢神宮で初詣 〜近鉄に乗って年越し参拝〜

三重県伊勢市にある伊勢神宮。実は、伊勢神宮は通称で、正式名称は地名の付かない「神宫」だとか。神宮といえば、ココという感じが凄いですね。

お正月の伊勢神宮周辺は、交通規制があるため車で行くことができません。ということで、少し遠いですが津駅から電車で行くことにしました。

ボックス席の特急券で座席を確保。眠いので仮眠して五十鈴川駅まで向かいます。

まだ暗い朝5時なのに人がいっぱいですね。
この時点では入場規制はかけられていませんでした。

お焚き火の周りには人がいっぱい。寒いので暖を取ります。
ほっかいろ50個分くらいの暖かさでしょうかw

飲んだことのないお酒の樽がいっぱい。

五十鈴川御手洗場

ライトが設置されているので、深夜でも安心して参拝できますね。

内宮の到着。
みなさんインスタ用に写真をパシャパシャ取られています。
私も負けじと写真を撮りましたw

夜が開けてきました。

お札を一つ購入、何を買ったかは内緒です。

名前のない池w

明るくなったので、散歩して楽しみます。

五十鈴川

来た時には真っ暗だった五十鈴川を散策します。

宇治橋付近

この時間になると大行列ですね。
夜が明ける前に参拝して大正解です。

定番の赤福本店でお土産を購入。

開けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

津駅の看板

津駅に戻ってきました。

津駅の線路

夜に来た時は暗くて見えませんでしたが、のどかな駅ですね!

前々からお正月に参拝したくてようやく願いが叶いました。
今回は内宮のみお散歩となりましたが、外宮も楽しみたいですね。
また機会があれば行ってみたいです!

営業期間
 拝観:1月~4月 5:00~18:00
 拝観:5月~8月 5:00~19:00
 拝観:9月 5:00~18:00
 拝観:10月~12月 5:00~17:00
 休業:年中無休
所在地:〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
交通アクセス:
 電車:近鉄・JR伊勢市駅・近鉄宇治山田駅からバスで20分
 お車:伊勢西ICから車で5分

三重県海浜公園の海辺沿い〜カモメが飛んだ〜

津駅からほど近い、伊勢湾を見渡すことのできる海浜公園に訪れました。

海辺なのでカモメがたくさんいますね。

普段はおとなしいようですが、食べ物を見つけると、わんさか飛んできます。

海辺のため風が強く、飛ぶには不安定なので、わちゃわちゃと押し寄せてきます。空中で衝突しないのかな…。

カモメ〜が飛んだ〜。

餌がなくなると、再び静まりかえります。

カモメちゃんたち、今度また来るよー。元気でね!

サンビレッジ曽爾 コテージとオートキャンプ場

サンビレッジ曽爾は、国の天然記念物・兜岳の麓にある美しい自然に囲まれたオートキャンプ場です。

受付メイン棟

オートキャンプ場とはいいつつ、コテージもあるので寒い冬でも泊まることができます。

コテージの入り口
段々に配置されたコテージ

山肌にコテージがたくさん建築されています。階段が急なので、足が弱い人は泊まるのは難しいかもしれないですね。

コテージの階段

コテージは二階建てで、下のスペースは大きなテーブルがあり、料理をして食事をしたりできます。

コテージの二階

二階にはベッドがあり、それなりにふかふかなのでぐっすり眠れました。

開放感ある窓

実は、ふるさと納税で無料宿泊チケットをゲットして泊まったのですが、機会があればまた行ってみたい場所です。

施設名:サン・ビレッジ曽爾(奥香落オートキャンプ場)
所在地:〒633-1212 宇陀郡曽爾村今井911-1
TEL:0745-94-2619
URL:http://www.soni-kogen.com/sun.html

安倍文殊院 〜三人寄れば文殊の知恵〜

安倍文殊院 表山門
安倍文殊院 表山門

「安倍山崇敬寺文殊院」は、645年、大化改新の時の左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)により建立されました。

表山門から本堂への石燈

安倍一族の発祥の地であり、奈良時代の遣唐使・安倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・安倍晴明が出生した寺院としても知られています。

もしかして、あの安倍さんも?

金閣浮御堂

昭和60年に総金色仕上げの金閣浮御堂が完成し、堂内には、ご本尊に開運弁才天、厄除け守護の九曜星の神々、方位災難除けの十二天御尊軸が安置されています。

電子マネーが使える!?

以前から気になっていたのが、この電子マネーの決済。大化改新からだいぶ時が経ちましたが当時の人たちにしてみれば「???」な感じでしょうか。

お寺といえば、カルロスゴーン、と鐘をつきます。

本堂

寛文5年(1665)に建立。入母屋造りの本瓦葺に加え礼堂が附設し、本堂奥の大収蔵庫には文殊菩薩を安置しています。

お正月に訪れましたが、出店もなく混雑していませんでした。
受験シーズンには「合格門」、夏の終わりには「コスモスの迷路」など、見所があるようですので、ぜひ、行ってみてください。

施設名:寺安倍文殊院
所在地:〒633-0054 桜井市阿部645
TEL:0744-43-0002
URL:http://www.abemonjuin.or.jp/
宗派:華厳宗
拝観時間:09:00~17:00 休日 年中無休
拝観料:大人(中学生以上) 700円、小学生 500円 菓子・抹茶付き

橿原神宮 初代天皇が即位した!?

重要文化財に指定されている本殿

橿原神宮は、初代天皇とされる神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命を祀るため、神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされるこの地に、橿原神宮創建の民間有志の請願に感銘を受けた明治天皇により、1890年(明治23年)4月2日に官幣大社として創建されました。

各地の神社へ足を運んでいますが、橿原神宮の敷地は他の神社と比較してもとても広く、東京ドーム10個分を超えるそうです。

お正月は出店がいっぱい

お正月に参拝したので、出店が並んでいました。

人もいっぱいで大混雑

日中から出来上がっている人を横目に、参道を進んでいきます。

てくてくと歩いて進みます

駐車場から写真撮影をしながら15分ほど歩きます。

ようやく見えてきました

橿原神宮といえば「外拝殿」が有名で、よく写真が載っています。入り口右側の絵馬が特徴的ですね。この大きさのものが販売されていたら買う人はいるのでしょうか・・。

深田池の様子

1月で寒かったのですが、深田池の周にはカモと戯れて遊ぶ子供と家族がいてとても楽しそうでした。6月ごろには、スイレンが見れるそうです。

基本情報
営業期間:6:30~17:00
所在地:〒634-0063 奈良県橿原市久米町934
交通アクセス:近鉄橿原神宮前駅から徒歩で8分(近鉄橿原神宮前駅中央出口より)