アール・デコの美術品

東京都庭園美術館
東京都庭園美術館は、1983年に開館。 美術館は戦前にパリに遊学された朝香宮夫妻の邸宅として、当時最新の建築様式によって、1933年に建造されました。内部のデザインは、壁飾りから家具、照明器具にいたるまで、アール・デコとよばれる装飾様式で統一されていて、そのモダンな優美さは息をのむほどでした。 玄関、大客室、大食堂、書斎などの主要部分の内装は、当時のフランスを代表する装飾美術家であるルネ・ラリックやアンリ・ラパンに依頼し、基本設計を担当したのは、宮内省内匠寮の建築家だった権藤要吉でした。朝香宮邸は、近代西洋に憧れる日本人の思いを実現した建築です。 後世に伝えるべき名建築として、2015年に国の重要文化財に指定され、都心とは思えない緑ゆたかな庭園にたたずむ邸宅は、日本のアール・デコ(“幻の建築”、あるいは、”アール・デコの美術品”)と言われます。 2014年には、ホワイトキューブのギャラリーをそなえた新館がリニューアル・オープンし茶室、庭園は整備工事が完了したところから順次公開されました。 建築と、デザインと、装飾と…、そして絵画と彫刻といったとらわれのない美術として楽しむことの出来る美術館です! また、庭園美術館と呼ばれるように庭園も美しいです•*¨*•.¸¸☆*・゚ 庭園には3つのエリアがあり、春夏秋冬それぞれ異なった表情を見せてくます。 芝庭 朝香宮邸時代から引き継がれている芝生で覆われた開放感のあるエリアです。中央にある大きなムクノキはもともと本館(旧朝香宮邸)の大食堂付近にあったものを、本館の建築に伴って移植したとものいわれています。 日本庭園 朝香宮邸時代から引き継がれている庭園。築山と池を備え、起伏に富んだ景観となっています。茶室もあり和の情緒にあふれています。秋の紅葉は見る価値大! 西洋庭園 往時は宮内省の官舎がありましたが、その後庭園となり美術館に引き継がれました。2018年に園路や樹木を整備し、より寛げる空間に生まれ変わりました。春にはワシントン桜が楽しめます。
◆基本情報◆ 東京都庭園美術館 お問い合わせ先:03-5777-8600 〒108-0071  東京都港区白金台5-21-9 Tel. 03-3443-0201(代表)10:00-18:00 Fax. 03-3443-3228 開館時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで) 庭園のみ公開の期間は、旧朝香宮邸(本館)と新館には入れません。 休館日:毎月第2・第4水曜日 (祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始 入館料 展覧会によって異なります。 庭園入場料 一般200円(160円)、大学生(専修・各種専門学校含む)160円(120円)、中・高校生・65歳以上100円(80円) ・( )内は20名以上の団体料金。 ・小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。 ・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。 ・第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。 ・親子ふれあいデー(毎月第3土曜日と続く日曜日<家族ふれあいの日>)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、庭園の入場料金が半額になります。 ※展覧会のチケットをお持ちの方は、庭園にもご入場いただけます。 入場料が免除または割引となる方 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名様まで)は入場料が無料です。 チケットご購入の際に、手帳のご呈示をお願いいたします。 毎月第3水曜日(シルバーデー)は、65歳以上の方は入場料が無料です。  ※年齢を証明できるものが必要です。 公益財団法人東京都歴史文化財団が運営する施設の「友の会」会員は2割引です。 団体でのご来館、学校教育の団体見学について 有料入場者20名以上の団体は、入場料が2割引になります。都内の小・中・高校生を教師が引率して来館する場合は、入場料が無料になります。事前の承認が必要です。